女性の夢でもある結婚指輪について正しい知識をつけよう

常識

二つの指輪

今では日本でも当たり前に定着している結婚指輪という制度ですが、この文化が日本で固定されたのはほんの50年ほど前からです。今生きているおばあちゃん世代の人達が生まれたときには、まだまだ馴染みがない文化だったわけなのです。
コレは元々海外から伝わってきたものであり、外国ではもっと昔から男女の愛の証として利用されていました。日本にきたのは高度経済成長期あたりになり、全体的に景気がよくなってきてからの話です。そもそも、日本人は海外のように男性が女性を守る、お互いに愛し合うという構図よりも、男尊女卑という文化のほうが強かったのです。
ですから、お互いに想い合うという結婚指輪のような贈り物は存在なかったのです。
しかし、時代が変化し、男尊女卑という考え方もなくなりつつある現代になってから登場し、日本にも無事馴染むようになったものなのです。

今では国内外問わず様々なブランドからこの指輪が販売されており、女性の中では指輪によって自分の人生カーストが決定してしまう程に大きな影響を持っています。
一生に何度も購入するようなものではありませんから、しっかりと厳選して後悔のないように商品を選んで下さい。デザインはその人の指や皮膚の色によって似あうもの、似合わないものが変化しますし、日常的にどれくらい家事をするのか、どんな仕事をしているのかによって指輪選びを考える必要があります。
婚約指輪とは違い、結婚指輪は一生身につけて過ごすものです。ですから、装着していても面倒がないような形で利用して下さい。

ピックアップ

歴史

ブーケの画像

結婚指輪には様々な種類があり、今ではティファニーのような大手ブランドもこの業界に参入してきています。今ではおなじみのデザインですが、結婚指輪というものが始まった当初は全く違う形をしていました。

もっと読む

時代の流れ

指輪をはめた腕

一見同じように見える結婚指輪ですが、これは時代の流れやブランドによって大きく違いがあります。ティファニーやグッチのようなブランドでもその次代に合わせた最新のデザインで結婚指輪は提供されているのです。

もっと読む

ブランドと価格

並ぶ新郎新婦

結婚指輪の値段はピンキリとなっており、ティファニーのようなハイブランドに依頼すればペアで数十万円、数百万円とかかります。しかし、最近ではオーダーでも比較的安価に指輪が注文できるようになってきています。

もっと読む

↑ PAGE TOP

メニューバー